MuCell Microcellular Foaming Solutions for Engineered Plastic Parts

Improved Quality & Lower Costs

Team

Brian BechardBrian Bechard,

代表取締役社長 兼CEO

 

Brianは、2015年にTrexelの代表取締役社長兼CEOとして就任。

Trexel入社以前は、世界各国の自動車産業にホットランナーシステムを提供する大手メーカーSynventive Molding Solutions社に2008年より勤務、北米の事業部長、統括本部長兼事業所長として務め、その後、ドイツにてヨーロッパの統括責任者として活躍していました。

Synventive社入社以前は、Avery Dennison社の射出成形や押出工場で製造部門を統括していました。

陸軍士官学校、及びハーバードビジネススクール卒。


Roger Cheng
Roger Cheng
Trexel Shenzhen Technology Company Limited
技術本部長

 

Rogerは2008年にアジア技術支援マネージャーとしてトレクセルに入社し、2012年にTrexel (Shenzhen) Technology Company Limitedのジェネラルマネージャーに昇格しました。同社は特にトレクセルの中国市場における業務を支援するために設立された子会社で、生産エンジニアチーム、営業サポートスタッフ、技術・修理サービス、および予備部品のロジスティクス担当者を配置しています。トレクセル入社以前の15年間、Rogerは金型製作やプラスチック成形プロセスのほか、製造工学および工場管理に関連した様々な経験を積んでいます。Rogerは香港ポリテクニック大学においてエンジニアリングの学位を取得しています。

 

     

Michael LudwigMichael Ludwig
Business Director Europe
 

Michael Ludwig manages all the Trexel business activities in Europe and has over 25 years of professional experience in the injection molding plastic business. Most recently he held the position of Sales Manager at Synventive (Hot runner systems) for Germany, Austria and Switzerland.

     

Dr. Hartmut TrautDr. Hartmut Traut,
Vice President International Relations of Trexel Inc.

 

Dr. Hartmut Trautはシーゲン大学 (ドイツ) で経営管理学修士 (MBA) および哲学の博士号を取得しています。

トレクセル入社以前、Dr.TrautはThermo Detection社の営業ディレクターとして欧州、中東、およびアフリカ市場における化学および光検波器の飲食料品業界への販売を統括していました。光検波器は詰め替え可能なペットボトル中の異物を検知するものです。

また同氏は高度な管理・処理システムを開発・製造するCentro Kontrollsysteme GmbH社の創始者でもあり、以前は同社のCEOを務めていました。Dr.Trautは2002年からトレクセルの欧州地域におけるビジネス活動を統括しています。

     

Steve BraigPetr Janik,
取締役 財務兼事業部長

 

Petrは2006年のトレクセル入社以来、運営グループと財務グループを統括し、この二つの業務を統合しました。トレクセル入社以前は、プログラム・マネージャーとして自動車産業界の大手企業Decoma社のマグナ部門で活躍していました。PetrはDecoma社に勤務中、活気のある環境でコンセプトからプロトタイプ、そしてメルセデス・ベンツ消費者向け製造までに渡るプロジェクト・マネジメントを2つのモデルを同時に進行させていました。また、プロジェクト・マネジメントに携わる以前は、Decoma社の欧州地域における大手自動車企業向け製品のデザインおよび開発を指揮していました。PetrはMITで機械工学の学位を取得しています。

     

Steve BraigLevi Kishbaugh,
取締役 技術部長

 

Leviは射出成形工程の開発ディレクターとして入社以来、トレクセルに13年間務めており、現在では技術全般の責任者として活躍しています。トレクセル入社以前は、Montell Polyolefins社で射出成形樹脂用の製品および応用開発に4年半、またDow Chemical社の自動車産業向けプラスチック技術サービス・開発で6年半キャリアを積んできました。Leviはスティーブンス・インスティチュート・オブ・テクノロジーで科学の学位を得ています。

     

Sam DixSam Dix,
研究開発責任者

 

Samは、長期にわたる新製品の開発と実用化を担当します。以前は、MuCell Extrusion社で9年間、押出発泡プロセスのシニアエンジニア及びエキスパートとして、フィルム、プロファイル、ブロー成形押出発泡プロセスにおける数多くの商業用途、製品および知的所有権などに取り組んできました。MuCell Extrusion社では、様々な拠点で、装置の改造、プロセスの開発や実用化、材料の開発、顧客向けトレーニング、新製品上市、など大きなプロジェクトを管理した実績があります。それ以前は、Zotefoams社にて、高機能バッチ発泡開発を担当し、更にそれ以前は、Rapra Technology社において、ブルネル大学と共同して「Supercritical assisted polymer processing」の博士号に取り組んでいました。ロンドンのブルネル大学で工学士号を取得。

     

Yasuhide SunamuraAnthony Kwok,
Asia Trexel Hong Kong Limited

アジア最高責任者

 

Anthonyはアジアの射出成形業界においてマネジメント経験を積んでいます。トレクセル入社以前は、ホットランナーのメーカーであるMold-Masters社でアジア・パシフィック地域のセールスディレクターを務めていました。また、Ferromatik Milacron社において中国のセールス・エグゼクティブの経験も積んでいます。Anthonyはカナダのマクマスター大学で数学の学位を取得した香港市民です。

     

Yasuhide Sunamura
Hisashi Tsugawa
トレクセルジャパン株式会社

代表取締役

 

津川 寿は、ポリマー及びプラスチック成形加工業界において25年に及ぶマネジメントの経験を持っています。トレクセルへの入社前は、プラスチックス成形部品の加工メーカーにおいて中国独資法人立上げ、青島工場の新規建設プロジェクトの責任者 兼 工場長を務めていました。また同氏は、高機能PEEK樹脂を手掛ける英国ビクトレックス社の日本法人でマネージング·ディレクターを務めたほか、GE東芝シリコーン (現・モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ) において、マーケティング及び営業管理職を、またGEプラスチックスジャパン (現・SABICイノベーティブプラスチックス) において、15年以上に渡りアプリケーション開発および営業管理職を歴任しています。1982年、山形大学機械工学部卒。

 

Testimonials

  • 新型7代目ゴルフ (Golf 7) が一新: MuCellプロセスを用いて成形されたIPリテナーは大幅な軽量化を実現しています。 さらなる効果も: 成形品内部の残留応力が低減したことで寸法安定性の向上が達成されました。

    Dr. Roger Hillert
    Head of Polymer Group
    Volkswagen AG

  • Hoffer

    トレクセルはマイクロセルフォームの利用を非常に簡単なものにしました。そしてMuCellプロセスの導入から運用まで親身にサポートしてくれます。トレクセルは装置および設計面で私たちが直面するあらゆる課題に24時間体制で対応しています。


    Mr. Jack Shedd,
    Vice President of business development
    Hoffer