MuCell Microcellular Foaming Solutions for Engineered Plastic Parts

Improved Quality & Lower Costs

MuCell® プロセス

MuCell®成形技術

プラスチック加工における

過去20年で最大の革新

 

MuCell®マイクロセルフォームは、熱可塑性材料の射出成形に対し設計の柔軟性向上やコスト低減など、従来の射出成形には見られない独自の特性を提供します。MuCell®プロセスは、樹脂部品の設計において成形プロセス上の課題にとらわれることなく、機能性の最適化を図ることができます。低密度化と機能優先の設計を組み合わせることで、20%以上の材料節減および重量軽減も可能です。

 

充填保圧工程をセル成長に置き換えることで、内部応力の低い部品が製造できるため、寸法安定性が向上すると共にソリを大幅に低減します。またセル成長によってヒケも解消します。

 

化学発泡剤と異なり、MuCell®の物理発泡は加工温度に制限が無い上、ポリマー中に化学残留物が残りません。粉砕材はバージン材の場合と同等の物性を保持し再利用が可能なことから、リサイクル性が求められるコンシューマ製品の生産に最適です。

 

MuCell®はコストやプロセスにおける多くの利点によって、全世界の自動車、家電製品、医療機器、包装や一般消費財といった分野で急速に普及が進んでいます。

コスト低減

Ÿ   樹脂消費量の削減 (軽量化)

Ÿ   成形サイクルタイムの短縮

Ÿ   歩留まりの向上

Ÿ   成形機型締力の低減

Ÿ   低コストな充填ポリオレフィン材料の利用

設計自由度

Ÿ   薄肉部から厚肉部への充填

Ÿ   1:1のリブ厚構造

Ÿ   流動性よりも機能性を重視した材料選択

Ÿ   寸法安定性の向上

Ÿ   低ソリ

持続的発展性

Ÿ   石油系材料の消費量を削減

Ÿ   成形機のエネルギー消費量を低減

Ÿ   成形品の粉砕/再利用が可能

Ÿ   通常の射出成形と比べカーボンフットプリントを削減

開発期間の短縮

Ÿ   金型修正を大幅に低減

   成形品形状を予測可能

   大型の一体部品を成形可能

Testimonials

  • 新型7代目ゴルフ (Golf 7) が一新: MuCellプロセスを用いて成形されたIPリテナーは大幅な軽量化を実現しています。 さらなる効果も: 成形品内部の残留応力が低減したことで寸法安定性の向上が達成されました。

    Dr. Roger Hillert
    Head of Polymer Group
    Volkswagen AG

  • Hoffer

    トレクセルはマイクロセルフォームの利用を非常に簡単なものにしました。そしてMuCellプロセスの導入から運用まで親身にサポートしてくれます。トレクセルは装置および設計面で私たちが直面するあらゆる課題に24時間体制で対応しています。


    Mr. Jack Shedd,
    Vice President of business development
    Hoffer