MuCell Microcellular Foaming Solutions for Engineered Plastic Parts

Improved Quality & Lower Costs

MuCell®プロセス

MuCellマイクロセルフォームは、独自のプロセスと装置によって、非常に高品質な成形と生産コストの大幅な削減を実現する射出成形技術です。MuCellプロセスでは、射出成形品に微細なマイクロセル構造を付与するため、超臨界ガスを利用します。MuCellプロセスは、精密にエンジニアリングされたプラスチック製品を対象としており、肉厚3mm以下の成形用途に多く利用されています。

 

MuCellプロセスは平面度、真円度、ソリといった主要な品質要件を50~75%向上させるほか、ヒケを大幅に解消することができます。成形部品に不均一な応力が生じるソリッド成形に比べ、MuCellプロセスでは均一な応力パターンが得られるため、こうした品質要件の改善が可能となります。

MuCellプロセスは従来の充填保圧工程が省かれるため応力と収縮が均一となり、金型および設計寸法に忠実な成形品が得られます。このためMuCellプロセスを用いた場合、金型修正の回数削減などにより、仕様通りの成形部品が出来上がるまでの時間と費用を節約できます。

 

MuCellプロセスは高品質な成形品を提供するだけでなく、成形機1時間あたりの生産性を20~30%向上させます。また溶融ポリマーの粘度低減および、超臨界ガスによるセルの発泡圧を利用することで保圧が不要となるため、低い型締力の成形機を利用できるといった、経済的な利点を有しています。

MuCell®射出成形プロセスでは、超臨界状態 (SCF) のガスを高度に制御することで数百万ものミクロンサイズの気泡を薄肉成形品 (3mm未満) の内部に形成します。装置の設定や金型のデザインおよびプロセス条件を正しく設定することで、これらの微細な気泡を成形品内部に均一なサイズで均等に分散させることができます。

この微細な気泡は、溶融ポリマーとガス (一般的には窒素、場合により二酸化炭素) との単一相溶解物が、射出ゲートを通過して金型キャビティ内に注入される際に生成されます。

 

単一相溶解物の生成には、専用に改造された射出成形機が用いられ、これには質量流量計を応用した専用インジェクターに送り出す高精度なSCF供給システムが含まれます。この装置によってSCFはバレルに注入され、専用スクリューによってポリマーと混合されます。またシャットオフノズルは溶解物を単一相状態に維持する一方で、射出成形スクリューが十分な背圧を常に維持することで早期発泡と圧力損失を防止し、単一相溶解物の複相への転移を防ぎます。

Testimonials

  • 新型7代目ゴルフ (Golf 7) が一新: MuCellプロセスを用いて成形されたIPリテナーは大幅な軽量化を実現しています。 さらなる効果も: 成形品内部の残留応力が低減したことで寸法安定性の向上が達成されました。

    Dr. Roger Hillert
    Head of Polymer Group
    Volkswagen AG

  • Hoffer

    トレクセルはマイクロセルフォームの利用を非常に簡単なものにしました。そしてMuCellプロセスの導入から運用まで親身にサポートしてくれます。トレクセルは装置および設計面で私たちが直面するあらゆる課題に24時間体制で対応しています。


    Mr. Jack Shedd,
    Vice President of business development
    Hoffer